有隣病院の院長先生のこと

先日、近くの有隣病院の院長でいらっしゃる鈴木紘一先生をお訪ねしてきました。

街のお店によく置いてある小冊子 「わたしの世田谷」 にエッセイを連載していらっしゃるので、
愛読している方が多いのではないでしょうか。(かくいう私も・・・かくれファンです)

おばけを見たことが書かれていたり、奥様のお若い頃のエッセイを紹介されたり、
研究と臨床のどちらにも全力投球されていらしたこと、患者さんのためによいことは積極的に
実践していらしたこと、など、肩のこらない文章にお人柄ががうかがわれてとても興味深いのです。

お忙しい中、時間を割いてくださり院長室でお話しをうかがうことができました。
漢方薬や、中医学にお詳しくてなんでもご存知でなので、びっくり!
動物生薬のパワーは「血肉有情」という言葉で表すことなど、いろいろ教えていただきました。

先生は病院や地域の方々に、より健康に、年を重ねても元気でいてほしいという思いを持っていらして、
その思いを健康フェアのような形で実現したい・・・・と夢を語ってくださいました。
お話ぶりはとても”意気軒昂”

”老いもやまいも、何するものぞ”

前向きに積極的に生きることを応援するイベントが催されたら、ぜひ、参加したい、と思いながら
院長室を辞してきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック