あおぞら共和国チャリティーウォーク

画像

4月26日、遠足日和の好天に恵まれ、南アルプスの麓を12キロ歩いてきました。

NPO難病のこども支援ネットワークと、友人の小児科医たちが
、病気や障害のあるこどもたちや家族が
いつでも好きなときに自然の中で楽しんだり宿泊できる施設を作ろうと
3年前から進めていたプロジェクトに賛同しています。

180名あまりがJR日野春駅に集合、10時過ぎに出発。
まだ八重桜が咲き、こぶしやずおう、水仙やチューリップ、やまぶきなどの
お花が咲く民家や、木々の芽吹きや新緑を楽しみながらを歩いているうちに
、雪をいただいたアルプスの山並みが間近に見えてきて、思わず絶景かな!と、見とれました。
途中で水車のある公園でおにぎりを食べて、一休み、釜無川を渡り、古い民家のならぶ旧道を
おしゃべりを楽しみながら歩くこと数時間、白州町の「あおぞら共和国」に到着。
無垢の木やしっくいを使った一棟が完成していました。これから、年内に2棟が建設予定だそうです。
完歩を祝い、みんなで乾杯、ビールやワインやおいしい心尽くしのお料理に舌鼓をうちながらパーティーを
楽しみました。新倉壮くんの太鼓演奏には、みんなでもりあがりました。

この日は、NTVの24時間テレビからソーラーパネルの寄贈式式がありました。
同窓生や同郷の方をはじめ、協力の輪が広がってきていることが感じられ、うれしく思いました。
素敵な一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック