ササヘルスの勉強会に行ってきました。

ササヘルスを扱っている薬局の勉強会が13日に国際フォーラムで開かれたので出席してきました。 
講師の吉田さんが、激増する人工透析患者の実情と、慢性腎臓病の予備軍の増加を防ぐことの大切さをお話しされました。

増子記念病院では20年以上、人工透析患者のシャントのトラブルを防ぐためにササヘルスを使っているそうです。
血液を取り出すための管が詰まると、こぶができてでこぼこになったり、ブラシで洗浄するのはとても苦痛を伴うのだそうです。

ササヘルスの血液サラサラ効果が患者さんをこのような苦しみから解放しているとことが、患者さんのお話と笑顔から伝わってきました。伊藤晃院長のお話では、まず自分たちで効果を実証してから患者さんにもお勧めしたそうです。
赤血球が柔らかくなり、弾力のあるふっくらした形になって、血管をとおりやすくなる・・・とのことでした。

日本では透析患者は年々増え続け、今ではアメリカの2倍近いそうです。
医療費節約のためにも、新たな国民病、糖尿病の予防が何よりも大事なことです。

1分間に100mlの水分をろ過している腎臓。1時間では6L、一日にはなんと144Lもの水分をろ過し、約1・5Lの尿を作っている腎臓の働きには驚きます。水分代謝のほかにも血圧の調節など大切な働きをしている腎臓を
日頃より大切にしなくては、と、改めて感じさせられました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック