夏は苦味!

こんにちは。なべちゃん先生です。

毎日、暑いですね。

疲れた肝臓を助けるのは酸味。酸っぱい食べ物だというお話はさせていただきましたが、
五臓の中で「夏は心が弱りやすい」となっています。
「心」と言っても「心臓」だけを意味するのではなく、「血脈」のことも意味します。

みなさん、ご存じかもしれませんが、
夏は冬と並んで心筋梗塞といった、心臓疾患。脳梗塞など脳血管疾患が多い季節です。
その夏に弱りやすい「心」には「苦味」が良いとされています。

苦いものの代表としては、「ニガウリ(ゴーヤ)」ですよね。画像
他にも、ピーマンやししとう、レタス、みょうがなどもあります。
夏の野菜に苦味があるものが多く、よく食べられているのには理由があったんですね。

苦味には炎症を抑える作用もありますので、
暑さでほてった身体にも良さそうですね。

夏は苦味!
この言葉をちょっと頭の片隅にでも置いて、毎日少しずつメニューに取り入れていただけたらと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック