暑中お見舞い 申しあげます

 蝉の鳴き声が響きわたり、暑さとともに五感でも夏を感じる頃となりました。

漢方相談担当の遠藤です。

8月に入り、外からお店に入ってくる方の殆どが、ハンカチを片手にたっぷり汗をかいて来られます。
暑い中ご来店いただき、心より感謝申し上げます。

今後も皆様が心身ともに健康でいられますよう、スタッフ一同、精一杯お手伝いさせて頂きますので、よろしくお願いします。



さて、漢方で 「 夏は心を主る 」 と言います。
「心 」= 「心臓」 そして 「こころ」 を意味します。

夏の暑さのため、「心臓」の働きが悪くなると…
 血液を送るポンプの働きが鈍くなる ⇒ 不整脈、動悸
 酸素が全身に行きわたらない※   ⇒ 息苦しい、めまい、貧血
 ※血液にのって酸素は運ばれる為、血流が滞ったり血液不足になると、酸欠の状態になる


「こころ」は、精神、意識、意志など気持ちに関わるところで、この働きが弱くなると…  
  ⇒ 意識薄弱(ボーっとする)、無気力、気が遠くなる、感覚や反応が鈍い
 
以上の様な症状が出やすくなります。


 こんな時にお薦めな漢方薬は 『 廣東 牛黄清心元 』  。
外出時や登山前に、お守りとしてバックに1個入れておくと安心です!

今、お店では “ 廣東 牛黄清心元、夏のキャンペーン ”を行っていますので是非足をお運び下さい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック