気象病ありませんか?低気圧が近づいてくると、、、

 
画像

このところ、気象病で体がだるい、重たい、頭痛、吐き気、めまい…などの方が多いです。

気象病は、最近認知されてきた病気で、天候や気圧の変化によって様々な症状が出ることです。

相談の中で多いのは、
 「低気圧がくる前に激しい頭痛がする、異常に体がだるくなる、急にお腹が痛くなって下痢する」などです。

春は低気圧と高気圧が交互にやってくるので天気が変わりやすいのですが、今年はそれが異常な程に不規則なため、人のからだへも大きく影響していると思います。

この様な分野は漢方が得意とするところなので、お困りの方はご相談にいらしてください。

漢方体験.com に気象病の体験談が載っています。ご興味ある方はどうぞ(*^_^*)
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック