のどのイガイガ、乾燥に 『ばんらん茶』

 最高気温12℃と、冬の寒さが突然やってきました。
寒気とともに喉の痛みから始まるカゼが流行りつつあります。
また、のど痛→咳→痰と、しつこい咳がなかなか抜けない方も多くみえます。

そんな時に、漢方薬と一緒に必ずお勧めするのが 『ばんらん茶』。
ホソバタイセイの根で、抗ウイルス、抗菌作用があるため、学校や外出から帰った後にうがいすると感染予防になります。
また、喉、鼻の奥に違和感を感じたら、ばんらん茶1包の半分を50mlのお水に溶かして、ガラガラーごっくん、とうがいした後に飲み込んでください。それを1時間ごとに寝る前まで繰り返すと、翌日には楽になっています。
ウイルスや菌を飲み込んで大丈夫?と心配される方もいらっしゃいますが、清熱解毒作用があり、気管支や他の部分にある菌もブロックするので、飲み込んでもらった方が効果がいいです。

外出時には、飴タイプがお薦めです。
レモン風味で美味しいですので、ぜひお試しください。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック