テーマ:健康

気軽に体質改善♪

こんにちは。 スタッフの麻希です。 最近は、風が強かったりジメジメしたりと何だかお天気も不安定ですね…何となく不調を感じている方も多いのではないでしょうか? 今日は、気候や生活の変化などに体が慣れず、疲れがたまっている方へいい方法をご紹介したいと思います。 それは、呼吸です。 何気なく無意識に行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“ 春眠暁を覚えず ”

漢方相談担当の遠藤です。 ここ最近、寝ても寝てもねむい、どうして?? という方が多いです。 春は肝の陽気(活動するエネルギー)があがってくる季節で、 自然界の陽気の上昇とともに体の陽気があがらないため 不共和が起こっている状態。 こんな時は、寝る時間を1時間早める+衛益顆粒がおすすめです。 自然界と体のバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

からだの声をきく

相談の患者さまと話していると、気づかされる事があります。 今日いらした女性の方は、1か月前にカゼをひいて発熱し、解熱剤ですぐに熱は下がったものの、 生活で無理をした後から、夕方~夜になると、咳と微熱がでてくる。 熱がでると身体がだるく、しんどいので横になる…何故こんな症状がでるのか?と相談にみえました。 初回1時間くらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分にあう食養生を。

 ここのところ暴飲暴食がづづき、鼻の下に吹き出物ができました。 すごく久しぶりです。 私事ですが、22~26才の若きころ、顔中のニキビに悩まされました。 今から考えると、薬剤師国試のストレス(それまで真剣に勉強しておらず)と 食生活の乱れから出てきたのだと思います。 皮膚科でもらった薬をつければ良くなるけれど、半月も経つと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトピーはしつこい、、

 その後、わが息子(中1)のアトピーの状態です 12月末~1月に比べると、浸出液が出ることもなく、だいぶ落ち着いてきました。 ただ、まだ炎症のある部分があり、本人は熱い感じがする、と言ってます。 今現在、行っているケアとして、 ☆お風呂上りは、アイスノンで患部を5分冷やす →その後、リスブランの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉に反応しない体に!

 昨日から、花粉症の症状がひどくなっている方が急増してます。 鼻水があふれ出てくるタイプよりも、目や顔に痒みが出るタイプが多いようです。 花粉症の症状は1シーズンずっと同じではなく、冬から春にむけて陽気が盛んになるにつれ、 寒⇒熱タイプに変わってきます。 ・鼻水でいうと  透明でサラサラ、ポタポタ落ちる → 白っぽくド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトピーは手ごわい、、、

中1になる息子のお話です。 2才半~アトピーが発症して、初めは右ひざ裏に赤味のある湿疹ができ、その後1か月くらいの間に上半身に広がり、肌は鳥肌上になりガサガサ。夜も眠れない程でした。 皮膚科へ受診したところ、案の定、ステロイドと保湿剤を処方されましたが、ステロイドを使うことに抵抗があり、すぐに漢方薬で治療を始めました。初めは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“花粉症”大丈夫ですか?

 先週の日曜日から、花粉症の症状が激しく出ている方がいます。 主な症状は、目や鼻の痒み、くしゃみ、鼻水、鼻づまり…。 花粉症シーズンの初期は、水っぽくサラサラした透明な鼻水がおちる方が多いですが、 夜ねる時は詰まって苦しい、と訴える方もいます。 特に男性、子供は、陽気(体を温めるエネルギー)が盛んなため、鼻水が サラサラ⇒ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤味のある皮ふに “ノンEローション ”

 前回は花粉症の前兆がでてきているお話をしましたが、 花粉症で目やまぶたが痒い、 急に湿疹がでてきたという方がいらっしゃいます。 皮ふにかゆみがある場合は、掻かないで湿疹を落ち着かせることが大事。軽い炎症なら、 リスブランのノンEローションで対処できます。 昼間の動いているときは痒みはやり過ごせるが、夜中、無意識のうちに掻い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今から花粉症対策!

 「何となく目、鼻がムズムズしてきた…」 という方が出てきました。 これは恐らく、花粉症の前兆症状とみて間違いないでしょう。 東京では2月中旬ごろから花粉の飛散が始まる予報ですが、その前からも 少しずつ花粉は飛んでいます。空気が乾燥する太平洋側の地域は、風にのって 遠くから運ばれてくる可能性もあるので、早めに対策をしていきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「温活」 しませんか?

今年の冬は暖冬と言われてましたが、先日雪が降りました。 足元がすべったり、交通が乱れたりと困ることはありますが、 やはり冬は冬らしくあって欲しい… 厳しい寒さがあるから、春の温かさを待ち遠しく思うので。 前置きが長くなりましたが、雪が降った後から、しもやけができた、 カイロを入れても足先が冷たい、軟便ぎみ、という声が聞こえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急なしびれに “牛黄清心元”

 今年もあと残すところ、半月余りとなりました。 例年に比べ暖かい日が多いので、体は楽ですが、まだまだ年末気分になれてません、、、 年末と言えば、お仕事をしている方は仕事納めで、今が忙しさのピークなのでは? 今日いらした患者さんのご主人が、おとといの朝、全身がしびれ起きあがれなくなったとの事。 思い当たるのは、12月に入り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太らない冬の過ごし方~寒さを味方に~

こんにちは 漢寿堂スタッフのTです。 今回はわたくしが担当させていただきます。 ここ数日で冬らしい寒い日が増えてきました。 暖かい部屋でのんびりと過ごすことが多くなりがちですが、 この寒い時こそしっかり体を動かして、気血のめぐりをよくし、 余分な脂肪が付きにくい体作りをするいい機会です。 夏と冬では冬の方が、体温維持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日酔いによく効く “五苓散”

 今日、お店に飛び込んできた20代の女性が、 「きのう、お酒を飲み過ぎてしまって、頭が痛いんです。これから予定が入っているのでどうにかしたい。 以前もらった漢方の薬をください。一緒にオレンジの錠剤も…」 話をよく効くと、以前にも二日酔いで頭痛と胃のムカつきがあり、 こちらで勧めた五苓散とミラグレーンを飲んだら、楽になったとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持っていてよかった“板藍茶”

先週の朝目覚めた時、喉がカラカラに乾燥し、さらに唾を飲み込むときに違和感あり、、、 どうしよう… いつものパターンでは、このまま咽痛となって、寒気、鼻水などへと移行してしまう… 慌てて家に置いてあった“板藍茶ですぐにうがい”を始めました。 ガラガラ~ごっくん。これを1日6回。 すると2日目には、違和感がなくなり、乾燥し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カゼには葛根湯??

昨日いらした患者さんから、「主人が風邪をひいたので、早めに葛根湯を飲ませたい」と言われました。 どんな症状があるのかと思い尋ねてみると、今朝から水っぽい透明な鼻水が大量に出るとのこと。 今は他に症状はなく、胃腸に問題はない…そうであるなら、“葛根湯”の証ではなく“小青竜湯”の証ではないか!確認してよかった!! このような症状に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むくみと漢方。

数年前に大きな手術をした後から、二の腕と足がむくんで困っている方から相談を受けました。 むくみ外来のあるクリニックへ通っていて、そこでマッサージやサポーター装着の指導をうけています。 状態を見せてもらうと、、左側のうで、両足が腫れぼったく、太い。 押すと凹むが、もどりは早く、弾力もある  …虚証のむくみではないと思い、五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「腸活」 健康法 !

最近「腸内フローラ」の働きが注目されています。腸の中には、60兆個の細胞でできている人間の細胞の数より多い100兆個以上もの細菌がいるというのだから、驚き!です。 数百種類の細菌がお花畑のように腸壁に生息していて、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の三つに分けられるのだそうです。そのバランスによって私たちの健康は左右されているのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大切なエチケット 気になる口臭、なんとかしましょう!

桜がさいて春本番。新しい環境、新しい出会いが多いときですね。家族以外には、なかなか指摘してもらえないので、気付かないこともありますが、 第一印象が大切なときには口臭対策も必要です。 歯磨きができないときや外出時、気になるときに一粒なめるだけで、10分後には口臭が気にならなくなります。 ゆずミントのおいしいトローチをなめていると唾液が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有隣病院の太極拳教室に通っています。

鈴木院長先生の肝いりで始まった太極拳教室も9回目となりました。 台風の影響で浜田先生の到着が少し遅れるという連絡があり、それまでのウォーミングアップにと、鈴木院長先生が、プレ練習してくださいました。 先生は60さいを過ぎてから中医学の学校に通われたのだそうです。ご自分で実践されている呼吸法や瞑想のこと、丹田などのツボのこと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササヘルスの勉強会に行ってきました。

ササヘルスを扱っている薬局の勉強会が13日に国際フォーラムで開かれたので出席してきました。  講師の吉田さんが、激増する人工透析患者の実情と、慢性腎臓病の予備軍の増加を防ぐことの大切さをお話しされました。 増子記念病院では20年以上、人工透析患者のシャントのトラブルを防ぐためにササヘルスを使っているそうです。 血液を取り出すた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有隣病院の太極拳教室に参加しています。

有隣病院では、地域の方の健康増進のために、いろいろな健康教室が企画されています。 その中に太極拳の教室があることを知り、先月から参加しています。 院長先生の長年のお師匠さん、浜田先生が月に2回来てくださって教えてくださるのです。 どなたにも無理なく楽しめるように、と、やさしくご指導されるので初心者でも緊張せずに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受験生がんばれ!

厳寒の時期に受験シーズンが重なるので、本人はもちろん家族の方も体調管理がたいへんですね。 インフルエンザやノロウィルスに感染しないように気を使っていらしゃることでしょう。 寝不足や疲れは免疫力を低下させるので、栄養と睡眠を充分にとるようにしましょう。 体力や免疫力をあげて、風邪にかからない身体を作ることが一番です。 小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の疲れが出る頃ですね。なかなか疲れのとれない方には 瓊玉膏(けいぎょくこう)がおすすめです。

ことのほか暑さの厳しい夏でした。暑さによるストレスが大きかった上に、エアコンや冷たいものの飲食による冷えも、内臓には負担になっているかと思われます。 秋口に、口内炎やものもらいができたり、ヘルペスに罹る人が多いのは、免疫力が低下しているからです。 弱った内蔵の働きを強め、免疫力を高めて、若さと元気を回復するために、 超ロングセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからママになる方へ

生まれて間もない赤ちゃんにアトピーの症状が現れることがあるのはなぜでしょう? それはお母さんに原因があるからです。 毎日食べ物から栄養を吸収し、不要なものや有害なものは排泄しているはずなのですが、 食品添加物や身の回りの化学物質は知らず知らずのうちにたくさん取り込まれています。 きれいな肌の赤ちゃんを授かるためには、妊娠前か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうちでかんたん!薬膳カフェ !

お花茶 (薬膳&アロマ )をおすすめします。 暑いと、つい冷たい飲み物を飲みすぎてしまいますが、 気をつけないと胃腸を弱めたり、身体を冷やすことになりがちです。 摂り過ぎた水分は、秋口になって、咳や鼻水、痰、などのつらい症状を まねく原因となるのです。 夏こそあたたかいお花茶をおすすめします。 お友達を招…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那須非電化工房に行ってきました。

7月28日、友人6人と、発明家で日大教授の藤村靖之氏が2007年に建設した「お金がなくても、電気がなくても楽しく幸せに暮らせる」夢と希望と知恵と技術を形にしたテーマパークを訪ねてきました。 オニヤンマやしおからトンボが飛び交い、小鳥や鶯がひっきりなしに囀り、お花はたくさん咲いていて、ひぐらしがかなかな・・・と鳴いている素敵なところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛み、痺れ(しびれ)に独歩顆粒をおすすめします!

独歩顆粒 ”通じざるは痛む” 冷房による「風・寒」これに「湿」が合わさった「風・寒・湿」(外邪)が経脈(気・血の廻る道)の流れを阻害し、頭痛、肩こり、腰痛などの原因になります。 16種の生薬でできている独歩顆粒(独活寄生湯)は、外邪を取り除き、肝腎を強めることで気・血を増やし筋や骨を強化します。 関節リュウマチ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏到来!!

勝湿顆粒 いきなり本格的な暑さがやってきました。 冷房の使用頻度が多くなり、体調がくるいがちですね。 夏は「暑・湿」という環境因子(外邪)の影響で、胃腸の消化吸収能力が低下しやすくなります。 夏の下痢・食欲不振には「暑湿」を取り除く漢方薬  勝湿顆粒がお勧めです。 ウィルス性胃腸炎や食あたりにもよく効きます。 海外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏バテ予防によいお薬があります。

麦味参顆粒 梅雨が明けたら、本格的な暑さが。。。。 今年の夏も暑さがきびしいそうです。 熱中症に気をつけて、暑さに負けず元気で過ごしたいですね。 暑さが苦手で、だるさや疲れがとれない方、汗をかきやすい方に、 夏バテ予防の切り札とも言えるおすすめのお薬があります。 三つの生薬の力で、血流を改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more