テーマ:漢方

自分にあう食養生を。

 ここのところ暴飲暴食がづづき、鼻の下に吹き出物ができました。 すごく久しぶりです。 私事ですが、22~26才の若きころ、顔中のニキビに悩まされました。 今から考えると、薬剤師国試のストレス(それまで真剣に勉強しておらず)と 食生活の乱れから出てきたのだと思います。 皮膚科でもらった薬をつければ良くなるけれど、半月も経つと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトピーはしつこい、、

 その後、わが息子(中1)のアトピーの状態です 12月末~1月に比べると、浸出液が出ることもなく、だいぶ落ち着いてきました。 ただ、まだ炎症のある部分があり、本人は熱い感じがする、と言ってます。 今現在、行っているケアとして、 ☆お風呂上りは、アイスノンで患部を5分冷やす →その後、リスブランの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉に反応しない体に!

 昨日から、花粉症の症状がひどくなっている方が急増してます。 鼻水があふれ出てくるタイプよりも、目や顔に痒みが出るタイプが多いようです。 花粉症の症状は1シーズンずっと同じではなく、冬から春にむけて陽気が盛んになるにつれ、 寒⇒熱タイプに変わってきます。 ・鼻水でいうと  透明でサラサラ、ポタポタ落ちる → 白っぽくド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトピーは手ごわい、、、

中1になる息子のお話です。 2才半~アトピーが発症して、初めは右ひざ裏に赤味のある湿疹ができ、その後1か月くらいの間に上半身に広がり、肌は鳥肌上になりガサガサ。夜も眠れない程でした。 皮膚科へ受診したところ、案の定、ステロイドと保湿剤を処方されましたが、ステロイドを使うことに抵抗があり、すぐに漢方薬で治療を始めました。初めは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“花粉症”大丈夫ですか?

 先週の日曜日から、花粉症の症状が激しく出ている方がいます。 主な症状は、目や鼻の痒み、くしゃみ、鼻水、鼻づまり…。 花粉症シーズンの初期は、水っぽくサラサラした透明な鼻水がおちる方が多いですが、 夜ねる時は詰まって苦しい、と訴える方もいます。 特に男性、子供は、陽気(体を温めるエネルギー)が盛んなため、鼻水が サラサラ⇒ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤味のある皮ふに “ノンEローション ”

 前回は花粉症の前兆がでてきているお話をしましたが、 花粉症で目やまぶたが痒い、 急に湿疹がでてきたという方がいらっしゃいます。 皮ふにかゆみがある場合は、掻かないで湿疹を落ち着かせることが大事。軽い炎症なら、 リスブランのノンEローションで対処できます。 昼間の動いているときは痒みはやり過ごせるが、夜中、無意識のうちに掻い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今から花粉症対策!

 「何となく目、鼻がムズムズしてきた…」 という方が出てきました。 これは恐らく、花粉症の前兆症状とみて間違いないでしょう。 東京では2月中旬ごろから花粉の飛散が始まる予報ですが、その前からも 少しずつ花粉は飛んでいます。空気が乾燥する太平洋側の地域は、風にのって 遠くから運ばれてくる可能性もあるので、早めに対策をしていきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「温活」 しませんか?

今年の冬は暖冬と言われてましたが、先日雪が降りました。 足元がすべったり、交通が乱れたりと困ることはありますが、 やはり冬は冬らしくあって欲しい… 厳しい寒さがあるから、春の温かさを待ち遠しく思うので。 前置きが長くなりましたが、雪が降った後から、しもやけができた、 カイロを入れても足先が冷たい、軟便ぎみ、という声が聞こえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急なしびれに “牛黄清心元”

 今年もあと残すところ、半月余りとなりました。 例年に比べ暖かい日が多いので、体は楽ですが、まだまだ年末気分になれてません、、、 年末と言えば、お仕事をしている方は仕事納めで、今が忙しさのピークなのでは? 今日いらした患者さんのご主人が、おとといの朝、全身がしびれ起きあがれなくなったとの事。 思い当たるのは、12月に入り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日酔いによく効く “五苓散”

 今日、お店に飛び込んできた20代の女性が、 「きのう、お酒を飲み過ぎてしまって、頭が痛いんです。これから予定が入っているのでどうにかしたい。 以前もらった漢方の薬をください。一緒にオレンジの錠剤も…」 話をよく効くと、以前にも二日酔いで頭痛と胃のムカつきがあり、 こちらで勧めた五苓散とミラグレーンを飲んだら、楽になったとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持っていてよかった“板藍茶”

先週の朝目覚めた時、喉がカラカラに乾燥し、さらに唾を飲み込むときに違和感あり、、、 どうしよう… いつものパターンでは、このまま咽痛となって、寒気、鼻水などへと移行してしまう… 慌てて家に置いてあった“板藍茶ですぐにうがい”を始めました。 ガラガラ~ごっくん。これを1日6回。 すると2日目には、違和感がなくなり、乾燥し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カゼには葛根湯??

昨日いらした患者さんから、「主人が風邪をひいたので、早めに葛根湯を飲ませたい」と言われました。 どんな症状があるのかと思い尋ねてみると、今朝から水っぽい透明な鼻水が大量に出るとのこと。 今は他に症状はなく、胃腸に問題はない…そうであるなら、“葛根湯”の証ではなく“小青竜湯”の証ではないか!確認してよかった!! このような症状に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むくみと漢方。

数年前に大きな手術をした後から、二の腕と足がむくんで困っている方から相談を受けました。 むくみ外来のあるクリニックへ通っていて、そこでマッサージやサポーター装着の指導をうけています。 状態を見せてもらうと、、左側のうで、両足が腫れぼったく、太い。 押すと凹むが、もどりは早く、弾力もある  …虚証のむくみではないと思い、五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋バテに気をつけて!

35度を超える猛暑が続いた今年の夏でしたが、急に気温が下がり突然に終わったような気がします。 大気が不安定で竜巻や豪雨が日本中あちこちで猛威をふるいました。 農作物の生育が心配ですね。 まだ残暑がぶりかえすこともあるでしょうから、熱中症対策にも油断はできません。 急激な気温や気圧の変化で風邪をひいたり、体調をくずさないように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもが欲しがる麦味散顆粒!

今回は、スタッフの薬剤師さんの息子さんのお話です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ここ連日の暑さと、夏のイベント続きで、すっかり疲れ切った息子(小5)に、麦味散顆粒を渡しました。 よく分からないものの、とりあえず口に入れて一言…     「 お・い・し・い! 」 それ以降、毎晩「あのお薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の季節も快適に!

蒸し暑かったり、ひんやりしたり、乗り物や建物の空調や気温の変化に順応するために、私たちの身体は精いっぱいがんばっています。 でも、疲れがたまったり、寝不足が続いたりすると、順応しきれずいろいろな不調が現れることがあります。 身体が重だるい・関節が痛む・お腹の調子が悪い・ぐっすり眠れない・皮膚のトラブル・・・など。 食欲不振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水虫かな?と思ったら・・・・・早めのお手当を!

水虫にはイスクラの「華陀膏」がおすすめ!です。 イスクラの「華陀膏」は、1965年にバレーボールの選手が上海で見つけて、 日本でも買えるようにしてほしいと頼まれたことから、取扱いが始まりました。 以来、新しい水虫薬が次々登場する中、多くのお客さまにお使いいただいているロングセラー商品です。 近年、フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の漢方養生

日ごとに日脚が伸びて、”梅一輪、一輪ほどのあたたかさ”を感じるこの頃、 自然の陽気の上昇とともに、万物がまどろみから目覚めて活動を始める季節ですね。 でも、なかには、この季節は苦手、という人もいます。 春先の気温変化の激しさは、自律神経のバランスを乱しやすくします。 昔から、木の芽時は気鬱になる人が多いのですが、肝の疏泄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暦の上では早くも春。

風は冷たいけれど、光はだんだん強さを増してきました。 餌のすくない間、みかんやりんごを庭の木にさしておくと、メジロやヒヨドリが啄みにやってきます。 とてもかわいいのです。 風邪をひきやすいこの季節、花粉症に悩まれる方も。。。。 毎年繰りかえされるお悩み、憂鬱・・・・ですね。 症状が出る前から飲んでおくと、粘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新製品 「木鶏丹(もっけいたん)」の紹介

木鶏丹(もっけいたん) は、肝機能を高める生薬で作られていて、肝機能の数値 ZST(GOT),ALT(GPT),γーTTP,ALT を下げる働きがあります。    30包 ¥12960 満州族の伝統薬「木鶏湯」をもとに、 現地の大自然の中で育ったカワラタケとマンシュウグルミのふたつの原料から作られました。 お酒を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一回!風邪の予防に「板藍茶(ばんらんちゃ)」!!

(クレマチスの丘2014.11.25) 東京の紅葉も見ごろとなりました。 はらはらと舞い散る落ち葉を拾っては、その美しさに見とれています。 木枯らしが吹いて、日暮れが早くなると、年の瀬に向かって時が加速していくように感じます。 風邪をひいている場合じゃない方に、 「板藍茶」! もう一回おすすめします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪の予防に板藍茶(ばんらんちゃ)!

風邪は予防が一番です。 のどがいがいがする、ちょっとおかしい・・・・という時、「板藍茶」を飲んだり、うがいをすることで 早めに風邪を退治してしまいましょう。           ”先手必勝!”です。 抗菌・抗ウィルスの作用がある板藍根の成分の働きで、風邪のウィルスや菌をやっつけてくれるので、 ひどくならずにすむことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷えは女性の大敵!

漢方では、冷えは女性にとって大敵です。冷えると血管が収縮して流れが悪くなり、子宮や卵巣の血流も低下するので、排卵や着床がスムーズにいかなくなってしまいます。妊娠を望んでいる方には、特に、外から中から温めて、身体をポカポカにしていただきたいと思います。 ★服装: ファッションも大事ですが、薄着や生足では身体を冷やしてしまいます。お腹や腰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咳の患者さんが増えています。

夏の名残りの暑さと、不安定な大気の影響で天候や気温の変化が大きいためでしょうか、 このところ、咳の風邪を引いたと言って、来局される患者さんが増えています。 だんだん空気が乾燥してきますと、潤いの足りない方は喉が渇いてくるので、違和感を感じたり炎症を起こしやすくなります。マスクをつけたり、うがいをして喉を保護することを心がける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れがとれない方、(だるい、息切れ、など)や秋口の長引く咳に、麦味参顆粒をおすすめします。

猛暑と豪雨の夏、風神・雷神大暴れの日本列島でした。 けた外れの自然災害に見舞われた広島の惨状に胸が痛みます。 急に空気が入れ替わったように涼しくなりました。 猛暑もやっとひといきですが、夏の疲れが出る頃です。くれぐれもご自愛ください。 汗をたくさんかいて、気(エネルギー)と水分を消耗してしまい、疲れのとれない方や、風邪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口の渇き、のどの渇きにお勧め!夏バテ予防の切り札!!

先日、”夜間に口が渇くのでお水をいつも用意しているのですが・・・”というお客さまにお勧めして、すぐに効果を感じられ、喜んでいただいたお薬があります。 ドライアイ、口やのどが渇く方、夜、枕元に水を用意している方、など水分を補給しても、渇きの癒えない方が最近多くみられます。年を重ねると誰でも潤いは不足してきます。 外から水分を摂って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤ちゃんからお年寄りまで使える漢方の軟膏をご紹介します。

夏は汗や紫外線や虫さされなど、お肌にとってはとくにトラブルの起こりやすい季節です。 かゆいからといって掻くと細菌に感染したり、炎症がひどくなり、治るのに時間がかかってしまいます。 アトピーや、虫さされ、やけど、切り傷、軽いとこずれ、など様々な皮膚病に使えるお勧めの塗り薬があります。 「神仙太乙膏ータイツコウー」です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PMS(月経前症候群)について

 月経(生理)が始まる3~5日/(3日~10日)ぐらい前から決まって起こるさまざまな症状をPMS(Premenstrual Syndrome)と言います。 20年くらい前から社会で認識されるようになったのですが、女性の8割の人が発症経験があるほど、よく見られる症状です。診断基準は、過去3回の生理周期において生理前5日間に以下の精神的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の体調管理は漢方におまかせください。

梅雨入り間近となりました。 年々暑さが厳しくなっているようですね。夏の暑さが苦手の人にはつらい季節です。 梅雨の間も、夏の暑さが厳しくなったとしても、工夫して少しでも快適に、元気で過ごしたいものです。 雨が降ってジメジメ・・・・湿度が高いと、食欲がなくなったり、下痢しやすくなります。 夏風邪でお腹に症状が現れることも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水虫にはイスクラの「華陀膏」がおすすめ!です。

梅雨を通り越していきなり真夏がやってきたような暑さが続いています。(我が家で咲いたカラーの花) 今日、水虫でお困りのお客さんが見えました。 白癬菌が暴れだす季節になったのですね。 イスクラの「華陀膏」は、1965年にバレーボールの選手が上海で見つけて、 日本でも買えるようにしてほしいと頼まれたことから、取扱いが始まりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more