テーマ:趣味

リサイタル 「歌と語りによる宮澤賢治の音楽」を聴いてきました。

中野の天徳院というお寺の講堂で13日に開かれたコンサートに行ってきました。宮澤賢治の世界は大好きなので、 これまでも青木裕子さんの朗読やいろいろな催しに足を運んでいます。 今回は、メゾソプラノの斎藤陽子さんのお友達に誘っていただき、楽しみにしていました。賢治のお母さんが四人の子どもたちに毎晩のように歌って聞かせたという子守唄や、賢治が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安藤栄作展(祖師谷大蔵 ギャラリーTAGA2)

安藤栄作さんは、東京生まれの彫刻家。福島県のいわき市に住み、海や山の近くのアトリエで自然に囲まれて作品を創っていました。が、2011・3・11の東日本大震災で、家族4人が暮らす家もアトリエも作品も道具も全て流され、失いました。 その後、奈良へ避難してからすぐに、精力的に創作活動を再開、たくさんの作品を世に送りつづけています。 全てを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨木のり子展に行ってきました。

世田谷文学館で、茨木のり子展(~6・29)をやっています。 若いときに「自分の感受性くらい」という詩に出会って以来、ずっと敬慕している詩人です。 手紙・日記・お料理メモ・愛用の食器・文房具・アクセサリー・朗読CD・スウェーデン製の椅子。。。などのたくさんの遺品から、優れた品格の高い美しい詩を遺しただけでなく、愛情深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世田谷美術館だより

前回紹介した桑原甲子雄展のおまけ、です。 一階の展示室で写真展を観たあとで、ぜひ二階の展示室ものぞいてみてください。 吉田喜彦さんの陶芸作品がたくさん展示されていて見応えがあります。 触ってみたくなるような温かみを感じるのは、こどもが大好きなお人柄があらわれているからでしょう。 素朴さと洗練された技法、美しいフォルムに感動し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑原甲子雄の写真展

今世田谷美術館で「桑原甲子雄の写真ートーキョー・スケッチー60年」をやっています。(6・8まで) 1913年、東京の下谷車坂に生まれた桑原(2007年没)が1930年代から90年代までの60年間に撮影した作品が展示されています。 戦後は主にカメラ雑誌の名編集長として、アラーキーこと荒木経惟を見出したり、後進を育ててきたことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あだち幸 友禅画展覧会に行ってきました。

新聞にも紹介されましたが、今、新宿の京王プラザホテル・ロビーギャラリーで、友人のあだち幸さんが大作を含め60点もの作品を展示しています。(29日まで)ー入場無料ー 絹地に友禅染めと日本画の技法を融合させた独自の手法で仏像・、菩薩・らさつ・サロメ・コクーン(繭の中の妖精)など描いているのですが、見つめていると、優しい光が発せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第九演奏会は大成功!

8月25日、甲府のコラニー文化ホールでいよいよ本番を迎えました。オーケストラのすぐ近くで素晴らしいソリストたちと、全身で音楽の美しさに浸りながら歌うという、夢がかなったのです。みんなの気持ちがひとつになり、思い切り歌うことができて、終った瞬間は、力を出し切ったという達成感と満足感でいっぱいでした。 とても迫力のある歌声だったと、あとで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーベンの第九「歓喜」の練習してます。

8月25日に、ふるさとの文化祭(山梨国文祭)に同窓生と第九の合唱で参加する予定です。 一昨年の12月からスタートしたレッスンもいよいよ佳境に入ってきました。 ドイツ語の壁に、乱高下するメロディー、アルトでも高い音域がありとても難しいのです。 高い峰を仰ぎ見ながら、ベートーベンなみの忍耐力で、手取り足取り、楽しく教えてくださる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more